大島へ行く編 島しょ異動

島での車の買い方

投稿日:2013年5月17日 更新日:

※こちらの記事は別で細々やっていたブログ(閉鎖予定)から、こちらのブログへ移設・統合・リライトした記事です。

同じ車関係なのでよかったらこちらの記事もどうぞ

→ 大島生活には車は必須!

何を買うか(普通車 or 軽)

車庫証明の要否

普通車か軽かということですが、赴任のために購入を検討している人には軽がお勧めです。

理由はいくつかありますが、一番は車庫証明が必要ない、という点です。

赴任してくる人のほとんどは職員住宅に入るのだと思いますが、車庫証明は住民票(住所)のある市区町村でしか発行してもらえません

私たちは公務員ですから、当然4月1日付けで赴任=4月1日に転入処理をするため、車庫証明は4月1日以降でないと発行してもらえないことになります。

それはつまり、購入まで日数が空く=車が届くまで移動が不便という状況を生みます。

なので、島内で買うにせよ、内地で買ってもってくるにせよ、車庫証明が不要な軽がお勧め、ということになるわけです。

税金と維持費が意外とかかる

自動車税も普通車だと約3万ですが、軽なら約1万です。

毎年のことなので、年間2万違えば、3年乗ると考えても6万の差が出ます

車検も普通車だと10万以上かかると思いますが、軽なら10万あれば足りてしまいます。

3年乗れば少なくとも1回は車検に出さなければならないので、この2点だけでも10万近い差が出ます。

家族が5人以上いる場合は逆に普通車一択かもしれませんが、4人以下であれば軽一択だと思います。

どこで買うか

島内で買う場合

島内にも車屋さんはいくつかあり、買うこと自体は問題なくできます。

ただやはり塩害の影響もあって正直かなりボロいものが多いです。

島に長く住んでいる人の話だと、本体20万以下の軽はすぐ壊れて買わないほうがいいとか。

そうすると、予算の設定が20万~になるわけですが、個人的には20万でもまだ・・・という感じ。

走れるんでしょうけど、それくらいのは普通に足回りサビてますからね。

そうすると予算を30万~の設定にしないといけなくなってきてですねー。

30万あったら内地で買って送ったほうが・・・ということになってしまうわけです・・・。

私は結局内地で買いました

私は実家のある埼玉で中古車を探しました。

余談ですが、埼玉県は中古車販売が最も多い都道府県なので、それだけに他県より安く、物件も豊富なのだとか(中古車屋さん談)

参考までに、私は予算40万として、車検2年付の軽を本体29.8万+諸経費=約36万で買いました。

それ以外に陸送費2万+海送費2万で、ほぼちょうど40万でしたね。

内地で買ったので、中古車と言えど車内はちゃんときれいになっていますし、当たり前ですが、最初からサビなんて全くありません。

塗装には細かいキズが少しありますが、乗り出し40万なら文句を言うレベルじゃありませんでしたね。

車選びで気を付けること

安ければいいというわけでもない

40万もかけたのか、と思われるかもしれませんが、まともな物を買ったのにもちゃんと理由があります。

自分が出て行くであろう3年後に、入れ替わりで来る人に車を売却するためです。

内部のクリーニングもそうですが、特に塗装は自分ではどうにもできません。

初めからサビていたら、3年でもっとサビが広がり、その分塗装も剥げてしまいます。

しかし、キレイに塗装されていれば3年で剥がれるほど塩害は酷くないのです。

車に詳しい人は内部の傷みが気になるかもしれませんが、まだ島に来ていない人に売却する場合は「何よりも見た目が重要!」というわけです。

なので走行距離が少なく、外観・内部がきれいなものを選ぶのがお勧めです。

島で人気のタイプとは

ズバリ!ボックスタイプ(ワゴンみたいなタイプ)がお勧めです。

  • 家族で遊びに行くときに荷物が沢山積めます
  • 友人が遊びにきた時の送迎でも荷物を沢山積んであげられます
  • 釣りなどをする人は竿を積むことができます

このように内地とは少しちがった用途があるため、とても需要のあるタイプなんです。

内地へ戻る際に誰かへ売ることを考えたときに、入れ替わりで来る人だけでなく、すでに島にいる人からも需要があるため、処分が容易になることが見込めます。

私は急ぎだったこともあり、SUZUKIのKeiというのを買ったのですが、容積が大きい車ではないので、多分、入れ替わりの人にしか売却できないですね。

そんな私の失敗を誰かに活かしてもらえると、この記事を書いた意味があるというものです。

-大島へ行く編, 島しょ異動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

島しょ地域から内地に家を買って帰る

コンテンツ1 「家を買う」には段階がある1.1 物件探し+内覧1.2 買う意思を示す1.3 住宅ローンの仮審査1.4 不動産売買契約(要離島)1.5 住宅ローンの本審査1.6 住宅ローン契約(要離島 …

離島に住みながら内地の家を探す

※こちらの記事は別で細々やっていたブログ(閉鎖予定)から、こちらのブログへ移設・統合・リライトした記事です。 コンテンツ1 見切り発進するしかない1.1 普通は引っ越しの半年前頃から探す1.2 異動申 …

大島生活に車は必須!

※こちらの記事は別で細々やっていたブログ(閉鎖予定)から、こちらのブログへ移設・統合・リライトした記事です。 同じ車関係なのでよかったらこちらの記事もどうぞ。 → 島での車の買い方 コンテンツ1 実際 …

希望の異動と滞在年数

※こちらの記事は別で細々やっていたブログ(閉鎖予定)から、こちらのブログへ移設・統合・リライトした記事です。 ※こちらの記事はあくまでも「現場でしか働いたことがない私の知る限り」の情報です。 コンテン …

【2013年2月22日】島しょ異動になりました

※こちらの記事は別で細々やっていたブログ(閉鎖予定)から、こちらのブログへ移設・統合・リライトした記事です。 コンテンツ1 2012年10月の公募制人事に応募1.1 公募制人事とは1.2 結果は落選2 …